読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

妹の恋人 恋愛映画の英語のセリフ・名言、ネタバレあらすじ

スポンサーリンク

妹の恋人(1993年)

 

ジョニー・デップ主演作品。

純粋で気の優しい青年が、精神を病んでいる女の子の心を癒すハートウォーミングなストーリーです。

 

主役を演じた3人(ジョニー・デップエイダン・クイン、メアリー・スチュワート・マスターソン)がそれぞれに素晴らしく、特にジョニー・デップのパントマイム芸は必見です☆

 

f:id:rabana:20150601152310j:plain

 

 

映画の英語のセリフ・名言

 

ベニーは自動車修理工場で働きながら、両親が亡くなって以来心を病んでいる妹のジューンの面倒を見ています。

 

ベニーはジューンを何よりも大切にしていますが、彼女の世話をするのは大変。

仕事が終わったらすぐに家へ帰らなければいけないし、ガールフレンドを作ることもできません。

 

そんなベニーを見かねて友人が「ジューンを施設に入れた方がいい」と忠告します。その友人のセリフです。

 

f:id:rabana:20150530152734p:plain

for your own good

あなた自身のために

 

can you do this to yourself ?

自分自身にそれができるか?

 

literally    文字通り

 

pass by     通り過ぎる

 

そんな友人に対して、ベニーはこう答えます。

ベニーのセリフです。

 

f:id:rabana:20150530153707p:plain           

have a relationship       恋愛関係を持つ

 

fit in        うまくいく、適応する

 

ベニーはジューンの世話を続けていくことに自信がなくなり、彼女を施設へ預けることを考え始めます。

 

そんなある日、ふとしたことから、友人のいとこである変な青年・サム(ジョニー・デップ)が彼らの家に泊めることに。

 

サムは普通の人とはちょっと違って、ずれている。

ほとんど話さず、お得意のパントマイムが人とコミュニケーションをとる彼の方法みたいなのです。

 

次から次へと披露されるそのパントマイムが、滑稽でキュート☆

 

人と関ることが苦手なジューンも、サムに対しては心を開き、明るくなっていきます。

サムとジューンは仲良くなるにつれて自然に恋人同士の関係になりますが、それを知ったベニーは激怒します。

 

サムを家から追い出し、ジューンを施設に入れると脅すベニー。

そんな彼に対して、サムが言うセリフが印象的でした。そのセリフです。

 

f:id:rabana:20150530154940p:plain

look up to ~         ~を敬う、賞賛する

 

I can't look at you at all.

以前は尊敬していたけれど、今ではもうできない、というニュアンス。

 

普段は口数の少ないサムのこの言葉がずしんと心にきました。

 

なぜベニーが不安なのかというと、ジューンをサムにとられて失ってしまうことを恐れているからなのですね。

 

子どもの頃からずっと大切にしてきた妹。

ベニーには彼女を守ってあげられるのは兄である自分だけだという気持ちがあったのかもしれません。

 

でもそれは兄であるベニーのエゴであり、過保護になるあまりジューンの自立を妨げてしまっていた。

 

無口でありながら冷静にそのことを見抜いていたサムに胸がどきりとしました。

 

ベニーはサムの言葉にはっとなり、自分のエゴを押し付けてしまったことを反省して、本当にジューンの求めていることを彼女に尋ねます。

それに対してジューンの答えるセリフです。

 

f:id:rabana:20150530160120p:plain

be tired of~      ~にうんざりしている

 

どうしたらいいのかわからない、と途方に暮れるジューンの前に、窓辺にブランコに揺られながらサムが現れるシーンには、じんとしてしまいました。

 

ジューンは、自分が本当に求めているのはサムであることを、その瞬間に知るのですね。その笑顔が素敵です☆

 

心が優しく温まるファンタジックなラブストーリーでした(^^)