読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

ギルバート・グレイプ 映画の英語のセリフ・名言、ネタバレあらすじ、レビュー

スポンサーリンク

ギルバート・グレイプ

(1993年)

 

f:id:rabana:20150605144246j:plain

 

田舎町に暮らす青年の青春を描いた名作だと思います。

 

映画「ギルバート・グレイプ」あらすじ、ネタバレあり

 

 ジョニー・デップ演じる主人公のギルバート・グレイプは、小さな食料品店の店員。

彼の家族には色々と問題があります。

父親は昔自殺してしまい、母親は以前は陽気な美人だったのに、それ以来ショックで引きこもりの過食症になってしまった。

18歳になる弟のアーニー(レオナルド・ディカプリオ)は先天的な知的障害を持っており、1人ではお風呂にも入れない。

ギルバートはそんな家族の世話に追われる日々で、自分自身のことは考える余裕がない。

 

英語のセリフ・名言

 

ギルバートは弟思いの良い兄で、アーニーにこう言います。

 

f:id:rabana:20150605155502p:plain

raise a finger             少しでも~する

ここでは「少しでもお前に危害を加えようとするなら」というニュアンスですね。

 

町の皆がアーニーを笑い者にしようとするのを、必死にかばい、守ろうとするギルバートの姿にはじんとしてしまいました。

 

でもアーニーの世話に追われるあまり、ギルバートは自分の時間を持つことができないのですね。

彼は自分の青春を失ってしまっているような状況にあります。

 

そんな中、彼はトレーラーで旅をしているベッキージュリエット・ルイス)という女性に出会います。

 

ベッキーはあちこち旅をしている女性で、自由な雰囲気を持った彼女にギルバートは惹かれていきます。

 

彼らの会話のシーンのセリフです。

ベッキーが、「私は見かけの美しさはどうでもいいの」と自分の考えを述べます。

f:id:rabana:20150605160811p:plain

 

I'm not into ~        ~にはそんなに興味がない

 

external    外見の

 

it doesn't last        続かない

 

matter       重要である

 

「外見上の美しさにはこだわらない。本当に大切なのは何をするかよ」

 

ベッキーのこの言葉は印象的でした。

 「あなたは何をしたい?」とベッキーに訊かれ、答えることの出来ないギルバート。

 

でもこの会話を機に、ギルバートは自分が本当に何をしたいと思っているのか、何を求めているのか、自分自身に問いかけることを始めたのだと思います。

 

それと同時に彼の感じている、どこにも行けない閉塞感もあらわとなり、彼を苦しめていく。

 

様々な問題を抱えながらも、彼ら家族がお互いを愛し合っているのが伝わってきて、切なくも温かい気持ちになりました。

 

ベッキーとの出会いにより、自分の感情を抑えてきたギルバートの心が救われたのだと思います。

 

最後の母親との別れのシーンはひどく悲しいものだけれど、必然なものだったような気がします。

 

ラストのギルバートのセリフです。

 

f:id:rabana:20150605161814p:plain

 この言葉と、どこまでも道が続いていく最後の映像に、清々しい気持ちになりました。