読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

ブルーバレンタイン 映画の英語のセリフと名言、ネタバレあらすじ、レビュー

スポンサーリンク

ブルーバレンタイン(2010年)

 

結婚して7年が経ち、かつては深く愛し合っていたものの、気持ちがすれ違うようになってしまった夫婦の関係を、リアルに切実に描いた映画です。

 

この映画のユニークなところは、夫婦の関係が破綻する過程と交互に、二人の恋愛の始まりのシーンが挿入されること。

 

過去と現在のシーンが入れ違いに出てくるので、下手をすると混乱してしまいそうですが、主役の夫婦を演じたライアン・ゴズリングミシェル・ウィリアムズが達者で、若い時期と7年後の時期を巧みに演じ分けているので、大丈夫でした。

 

こういう物語の展開をしていくことで、むしろ夫婦関係の終わりの切なさと、恋愛初期の美しさとがどちらも引き立って、感動的なものに仕上がっていると思います。

 

 

f:id:rabana:20150622154130j:plain

 

 

映画「ブルーバレンタイン

あらすじ(ネタバレあり)と英語のセリフ、名言

 

 若い頃のシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)が、仲の良い祖母と恋愛について話をするシーン。

彼女には大学の同級生のボーイフレンドがいますが、本当の恋愛はしたことがありません。

彼女が祖母に向かって言うセリフです。

「両親のようになりたくないわ」と言います。

         

f:id:rabana:20150622155507p:plain

                                      get out of the way          退く、どく

ここでは両親の愛が全く冷めてしまっていた、というために使われていますね。

 

そういうシンディに対して言う祖母の言葉が印象的でした。

 

f:id:rabana:20150608155046p:plain           

You gonna be careful ~

ここでは「気をつけなさい」という意味で使われています。

 

愛のない両親の間で育ったことで、

「どうやって愛情を信じたらいいのかわからない」

というシンディ。

それに対し、

「愛を見つけるにはその感情を持つことだよ。ただ相手には気をつけなさい」

という祖母。

 

それから程なくして、シンディはディーンという青年(ライアン・ゴズリング)に出会い、恋に落ちることになります。

 

ディーンはシンディに一目ぼれをします。

ディーンが彼女のことについて友人に語るときのセリフです。

 

f:id:rabana:20150608160704p:plain

love at first sight     一目ぼれ

 

you gotta dance   踊り出さずにいられない

この gotta は 口語で have to ~     ~しなければならない、と同じ意味で使われます。

 

ある曲がかかると踊り出さずにはいられないように、彼女を目にした瞬間に心が躍り出したということを、ディーンは言っているのですね。

 

シンディはその時他の男の子どもを妊娠していたのですが、ディーンはそれを承知し、彼女に結婚を申し込みます。

 

二人の恋愛初期のシーンは、とても優しい愛情に満ちていて感動的です。

 

 

しかしそれから7年が経つ頃には、彼らの関係は元々の価値観の違いが妨げとなり、うまく立ち行かないものとなってしまった…。

 

ふたりの間には絶望的な溝があり、そのことに苛立ったディーンがシンディの職場に酔っ払って押しかけ、彼女を怒らせます。

 

その際にシンディがディーンに向かって投げつける言葉です。

 

f:id:rabana:20150608161632p:plain

done with ~     ~を終わりにする

 

I got nothint left for you      は「あなたに対して何も残っていない」、つまりあなたをもう愛していない、と告げているのですね。 

 

そんなシンディに対して、「娘のフランキーのことも考えろよ」とディーンは言います。そのセリフです。

 

f:id:rabana:20150608162443p:plain                                                 

we are treating each other like this

私たちがこんな風にお互いを扱っている

 

ここでは二人が傷つけ合っていることを指しています。

 

二人がお互いの関係を何とか立て直そうと努力しながらも、最後には破綻してしまうのが悲しい。

 

でもそのラストシーンに重ね合わせて、彼らの結婚式のシーンがフラッシュバックのように挿入されます。

 

若い頃の二人の表情の、清々しく美しいこと。

その輝きの余韻が、胸を締めつけます。

 

恋愛の終わりと始まりを同時に描いたことで、その恋愛のかけがえのなさが引き立つ、稀有な映画だと思います。