読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

パンチドランク・ラブ 映画のネタバレあらすじ、英語のセリフと名言、レビュー

スポンサーリンク

パンチドランク・ラブ

(2002年)

 

男女が出会って結ばれるまでを描いたラブストーリーなのですが、普通でない印象を受ける映画でした。

ちょっと”ずれた”ユーモアのセンスがあり、小道具の使い方やカメラ・ワークも洒脱。

 

主人公・バリーも一風変わっています。

彼はパートナーと事業を(小さな工場)を共同経営していて、真面目に働いているのですが、感情をコントロールできなくなる時があり、ときどきキレたり、泣いたりという発作が起こる。

 

どうやら大勢の元気な姉たちにうるさく干渉されて育ったので、彼の心に問題が生じてしまったよう。

普段は気のいい穏やかな青年であるバリーが、姉の言葉にキレてレストランのトイレを壊したりしてしまう…

 

哀しく滑稽で憎めないバリーを、アダム・サンドラーがとても上手に演じていました。

間が抜けているけれど一生懸命なバリーは、見ていて愛おしくなってしまいます。

 

f:id:rabana:20150623170318j:plain

 

映画「パンチドランク・ラブ」あらすじ(ネタバレあり)、

英語のセリフ、名言

 

そんなバリーを、初めて好きになってくれる女性が現れます。

彼女・リナ(エミリー・ワトソン)はしっかりとした大人の女性で、優しく、ふんわりしたキュートな魅力もある。

 

 初めてのデートをした帰り、彼女の部屋まで送っていったバリーは、礼儀正しく別れます。

その後でリナから電話がかかり、彼女は彼に自分の気持ちを伝えます。

 

f:id:rabana:20150623170510p:plain

 

just then    あのとき、あの瞬間

ここでは別れ際にキスしたかったことを言っています。

 

彼がそれを聞き、広いアパートの建物の中を迷いながら彼女の部屋まで駆けつけるシーンがおかしくて好きです(*^^*)

 

バリーは素敵な恋人ができて有頂天になりますが、過去に出来心でかけてしまったテレフォン・セックスの相手から脅迫されるようになってしまい、とうとう彼らに車を衝突されて、リナに怪我をさせてしまいます。

 

そこでキレて相手の本拠地にまで乗り込んでいくバリー。

バリーが対決相手に向かって凄むシーンのセリフです。

 

f:id:rabana:20150623170600p:plain

 

 

この対決シーンは相手役のフィリップ・シーモア・ホフマンも間が抜けていておかしいのですが、バリーの

「僕の人生には愛があるから、僕をこのうえなく強くしている」

という言葉は素敵ですね☆

 

その後に、リナを病院へ置き去りにしてしまったことをバリーは謝ります。

 

f:id:rabana:20150623170658p:plain

 

バリーの言葉に彼の一途で、ひたむきな気持ちが表れています。

 

通り過ぎるトラックの爆音や、衝突して転がる車で始まった荒々しいオープニングシーンに比べ、ラストでバリーがオルガンを弾くシーンの穏やかで優しいこと。

 

バリーという男性の心の変化を表しているのかなあと思いました(^^)

後味も最高に良い映画でした☆