読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

イエスマン 映画の名言、英語のセリフ、ネタバレあらすじ、レビュー

スポンサーリンク

イエスマン ”YES"は人生のパスワード

 (2008年)

 

とことん消極的な主人公が、あらゆることに「イエス」と答えることで人生が変わっていくという物語です。

主演のジム・キャリーは適役ですね。

彼のオーバーアクションな演技は時々苦手なこともあるのですが、この映画では落ち着いていて、テーマにしっくり合っている感じがして良かったです☆

 

聴き取りやすい英語で、学習にもおすすめできる映画です!

 

f:id:rabana:20150625150441j:plain

 

映画「イエスマン」のあらすじ(ネタバレあり)、

英語の名言とセリフ

 

主人公のカールはとことん消極的で、面倒くさがり。

人との付き合いを避けていて、親友の婚約披露ですらすっぽかしてしまいます。

親友は愛想を尽かし、カールを脅します。その英語のセリフ。

 

f:id:rabana:20150625150219p:plain

 

I'm telling you,     言っておくよ

次に言う言葉を強調したいときに使える表現ですね。

 

end up ~            ~で 終わる

 

カールはさすがにこのままではまずいかもしれないと思い始め、人生を変えるためのセミナーに参加します。

そこで主宰者のテレンスに誓いを立てさせられます。その時のテレンスのセリフです。

 

f:id:rabana:20150625145851p:plain

covenant          誓約

 

an opportunity presents itself

present  は (~を)贈る、提供する、という意味なので、機会が現れる、という意味になります。

 

no matter what it is

それが何であれ

 

そんな訳でカールはそれ以来、あらゆることに「イエス」と言わなければならなくなるのですが、最初は嫌々言っていたカールは、「イエス」と言い続けているうちに、物事が好転していくのに気がつきます。

 

趣味や人間関係がどんどん広がっていき、彼は「イエス」と言うのが楽しくてたまらなくなります。

調子に乗っていくジム・キャリーの演技が面白い☆

 

 

カールは魅力的な可愛い女性・アリソン(ゾーイ・デシャネル)に出会います。

アリソンは活動的で多才な女性で、

「色々なことに挑戦して人生を楽しみたいの」とカールに話をします。

その時のアリソンの英語のセリフです。

 

f:id:rabana:20150625145805p:plain

 

playground     遊び場、遊技場

 

somewhere along the way     道のどこかで

ここでの”道”というのは人生のことを指しているのですね。

 

物事に対して積極的になったカールはアリソンに共感し、2人は付き合い始めます。

 

しかし、カールは何も考えずに全てのことに「イエス」と言い続けているうちに、自分の望んでいないことにまで「イエス」と言ってしまうことになり、そのことにより2人の関係に亀裂が入ってしまうことになります…

 

アリソンに「私と一緒に暮らさない?」と言われたカールは、内心ではためらいつつ、「イエス」と答えます。

しかしその後、アリソンは、カールがセミナーを受けて「イエス」と言わなければいけないから「イエス」と言っただけであることを知り、怒ります。

 

「私が一緒に暮らさないか訊いたとき、あなたはためらったわね。本当は断わりたかったのに、『ノー』とは言えないから、『イエス』と言ったんでしょう」

 

アリソンは怒り、傷つきます。

彼女の気持ちはよくわかります…

 

カールは本当に大切なのは、何にでもただ「イエス」と言うことではなく、自分の心に正直になることなのだと気がつきます。

カールはアリソンの気持ちを傷つけてしまったことを反省し、彼女にあやまります。

そして彼女に、セミナーの受ける前の自分について説明します。

「僕は誰に対しても自分が不十分だと思っていたんだ」と彼は言います。

カールのセリフです。

 

f:id:rabana:20150806023020p:plain

 

このカールのセリフは素敵な名言だと思います。

この言葉がアリソンの心を動かし、彼女は笑顔を見せます。

ラストのハッピーエンドが爽やか☆

 

消極的で、億劫がりの性格の荒療治に、「機会がある度にイエスと言う」という設定が面白く観られました。

主人公・カールのことを笑いつつも、「私も本当は興味があるのに、ちょっと億劫な時に、ついノーと言ってしまっているかも」と自分のことを反省してしまいました(^^;

物事に対して肯定的な気分になれて、元気の出る良い映画だと思います☆