読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

ONCE ダブリンの街角で 映画のあらすじ(ネタバレ)と英語のセリフ、レビュー

スポンサーリンク

ONCE ダブリンの街角で 

(2006年)


音楽で「癒される」映画でした。

音楽って本当に、生きる希望や、心の糧になりうるんですよね。

 

映画のあらすじ、ネタバレあり


舞台はアイルランドのダブリン。

掃除機屋で働く主人公は、仕事の後や休日にストリート・ミュージシャンとして街角に立ってギターを弾きながら歌っています。

 

チェコからの移民してきた女性が通りすがりに彼の歌を聞き、彼女はすっかり彼の音楽を気に入って、話しかけます。

彼女自身、ピアノを弾き、歌うこともできる人。
花売りや掃除婦として働きながら、楽器屋さんでピアノを弾かせてもらうのを楽しみにしています。

 

ダブリンの街の雰囲気が素敵ですね☆

2人は音楽を通して意気投合するのですが、口にするセリフは少なくて、その分彼らの心情は歌で表現されます。

ミュージカルでもない、その点では異色なつくりの映画かもしれません。


男は失恋の痛手を引きずり、前の彼女への思いを曲にこめて歌う。

女は国に残してきた夫への気持ちを歌う。


言葉がなくても、彼らの歌を聴くと、彼らの感情が痛いほどに哀切に伝わってきて、すばらしかった。

 

f:id:rabana:20150630153019j:plain

 

 

英語のセリフ


彼は作った曲を彼女に聴かせて、感想を聞きます。
彼女は「とても気に入ったわ」と答えます。

 

f:id:rabana:20150630152543p:plain

That would be good.
きっとそれがいいだろう、という意味。
役に立ちそうな表現ですね。

 

have trouble with ~  ~するのに問題を抱えている、~するのが難しい

 

男はこの曲が自分にはロマンティックすぎて、歌詞を作るのがうまくいかない、と言います。


彼女は張り切って、早速その夜に歌詞を作ろうとしますが、CDプレーヤーの電池が切れてしまったので、なけなしの小銭をはたいて、売店へ向かいます。


部屋着のままで夜の街を歩きながら、歌詞をつくり、口ずさむシーンが良かったです。

彼女が作った歌詞も、曲にマッチしていて素敵でした。
離れている夫への思いが表れています。

このフレーズが歌詞のリフレインとなっています。

 

f:id:rabana:20150630152859p:plain

 


2人ともにそれぞれ複雑な感情を抱えている相手がいるのですが、音楽の交流を通してお互いに惹かれていきます。

これはラブストーリーでもあるのですが、彼らの関係はそれ以上になることはなく、彼がロンドンへ向かうのと同時に、別れが訪れます。


お互いへの気持ちを胸に秘めているのがわかるだけに、ラストが切ない…。

でも、彼らがともに過ごした時間は音楽に結晶し、人生の宝物となったのですね。

頭や心が疲れているときに、また見直したい映画です。