読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

めぐりあう時間たち 映画の英語のセリフ、名言、ネタバレあらすじ、感想

スポンサーリンク

めぐりあう時間たち

(2002年)

 

ヴァージニア・ウルフの小説「ダロウェイ夫人」に関連する3人の女性が主人公です。

彼女たちのそれぞれの一日が平行して描かれ、時代を超えて物語がつながり合っていくという、壮大なドラマ。

 

映画のストーリー(ネタバレあり)

 

時代の違う3人の女性たちが登場します。

 

一人目はヴァージニア・ウルフ自身(二コール・キッドマン)。

1923年。彼女は精神状態が不安定で、療養のために夫ともに田舎に住み、小説「ダロウェイ夫人」を執筆し始めています。

 

二人目は、ロスアンジェルスに暮らす主婦のローラ(ジュリアン・ムーア)。

1951年。ローラには幼い息子が1人いて、さらに2人目の子を妊娠中。

優しい夫がいるけれど、彼女は家庭の主婦・母親としての生活にどうしても馴染めないでいます。

ローラは「ダロウェイ夫人」の小説に共感し、愛読しています。

理想的な家庭の主婦という役割に疲れ、自殺を考えるローラは、小説「ダロウェイ夫人」の主人公と重なり合います。

 

三人目は、ニューヨークに暮らす編集者のクラリッサ(メリル・ストリープ)。

2001年。彼女は友人である、リチャード(エド・ハリス)が文学賞を受賞したことを祝うために、パーティーを開こうとしてします…

物語が進むにつれて、リチャードがローラの息子であることが明らかになります。

 

 

f:id:rabana:20150626171404j:plain

 

英語のセリフ

 

ヴァージニア・ウルフは、精神療法のためにロンドンを離れて、医者の勧めがあって夫に田舎のリッチモンドに連れてこられたのですが、彼女はそこでの暮らしに孤独感と退屈感を覚え、ロンドンを恋しがっています。

 

でも夫のレオナルドはロンドンに戻ったらまたヴァージニアが精神を調子を乱して自殺を図ってしまうのではないかと恐れています。

 

そんな夫に向かってヴァージニアが言うセリフです。

 

f:id:rabana:20150626155402p:plain

 

wish         望み

 

choice         選択

 

avoid          避ける

 

 you can't find peace by avoiding life.

 

「生きることを避けていては平和は見つけられないのよ」

ヴァージニアのこの言葉が心に残りました。

 

精神の病気を安定させるために田舎暮らしを送っていたけれど、彼女はそこの生活に窒息するような気持ちなのですね。

 

そしてこのセリフは、時代を超えて、ローラの言葉と重なり合います。

 

ローラはレズビアンであるらしいことが示唆されるのですが、夫との偽りの家庭生活に限界を感じ、2人の子を捨てて家を出てしまいます。

 

それから約50年が経って、捨てた息子であるリチャードの葬式に現れたローラは、彼の友人であるクラリッサに会います。

ローラが「私は子どもたちを見捨てた」というセリフです。

 

 

f:id:rabana:20150626160617p:plain

 

abandon       見捨てる

 

belong           属する

 

 there’re times you don't belong

「属していない時間がある」

ここでの you は 一般的な意味で使われています。

ローラは、自分が家庭生活に馴染めなかった時間のことを言っているのですね。

 

regret          後悔する

 

 

「他に選択肢がなかったのに、後悔するって意味を持つかしら」

ローラにとって夫と子どもたちとの生活は死であり、自分が生きるためには家を出るしかなかった…

 

母親に捨てられたことにより、リチャードはひどく傷つくことになります。

 

 

時と空間を超えて、登場人物たちの心情と言葉が重なり合う、シンクロしていく様子が心に響きました。

一見孤独に見える人間たちの、生も死ですらも繋がりあっているのですね。

小説と映像の力を感じる作品でした。

 

ヴァージニアが入水自殺をする前に、夫のレオナルドに残した遺書の言葉が印象的だったので、最後に引用しておきます。

 

f:id:rabana:20150626161802p:plain

 

look in the face         正面から見る

 

put away            放棄する