読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

バッファロー’66  映画の英語のセリフ、あらすじ(ネタバレ)、レビュー

スポンサーリンク

バッファロー’66 

(1998年)

 

この頃のヴィンセント・ギャロ、かっこいいですね。

これが監督一作目だそうですが、完成度の高いラブ・ストーリーだと思います。

荒削りなところもそのまま作品の魅力となっています。

 

モノクロ調の映像に、時折挿入されるカット割り、シーンの切り替えなどもこだわっていておしゃれ。

ボーリング場でクリスティーナ・リッチの踊るシーンが印象的でした。

 

f:id:rabana:20150722155127j:plain

 

映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ注意)

 

ビリー(ヴィンセント・ギャロ)は5年間の服役を終えて刑務所から出所します。

 

彼はその日に、長らく会っていない両親に会いに行くことにしますが、両親には刑務所勤めをしていたことは話していなくて、結婚して仕事で遠方にいると嘘をついていました。

 

両親から嫁も連れて来いと言われたビリーは窮地に陥り、通りすがりのレイラという女性(クリスティーナ・リッチ)を誘拐してしまいます。

 

ビリーはレイラに両親の家へ一緒に行って、彼の妻のふりをしてくれるように頼みます。

 

 

英語のセリフ

 

ビリーがレイラに「俺の女房のふりをしてくれ」とお願いをするときの英語のセリフです。

 

f:id:rabana:20150706162354p:plain

ask a favor             頼みごとをする

 

 

驚いて戸惑ったレイラでしたが、彼女は彼に怯えることはなく、どこか彼に惹かれるものを感じて、彼の言うとおりにします。

ビリーの両親の家へ一緒に行って、夫婦を演じます。

 

レイラは彼の妻を演じることを楽しんでいる様子で、そのうちに本当に彼のことを好きになってしまったようです。

 

両親の家に行った後で、二人はまるで本当の恋人同士のように一緒にボーリング場へ行き、その後、カフェでお茶を飲みます。

ボーリング場で彼女のことをそっちのけでゲームに夢中になるビリーに対し、レイラがすねて1人で踊るシーンがとてもキュートで素敵です。

 

二人はその後にホテルに入ります。

不器用で女性に対して臆病なビリー、そんな彼との距離をぎこちなくも優しく縮めようとするレイラ、二人の関係が観ていて愛おしくなってしまいます。

 

しかし実はビリーは自分が刑務所へ入る原因となった男を深く恨んでいて、その男を殺し自分も死んでしまおうという計画を抱いているのでした。

 

「ちょっとコーヒーを買ってくるよ」

そう言ってホテルから出ようとするビリーを、レイラは心配します。

レイラのセリフです。

 

f:id:rabana:20150706163203p:plain

ビリーの様子に「この人は戻らないかもしれない」という不安を感じて、レイラはこう言っているのですね。

 

レイラはさらに言葉を続けます。

 

f:id:rabana:20150706164326p:plain

promise      約束する

 

sweet          親切な、優しい

 

handsome        ハンサムな

 

 

「戻ってくると約束して。あなたを愛してる」

 

自分の気持ちをまっすぐに伝えるレイラが健気です。

 

ビリーはレイラを誘拐し、わがまま放題に振舞っていたようですが、彼には根っこの部分でとても純粋なところ、誠実なところがあり、彼女はそれを知っているのですね。

 

復讐を決意したビリーは彼女と別れ、男と対決するために夜の街に向かいますが…

 

 

刑務所上がりで人生に対して自棄になっていた男が、この上なく優しい心の素敵な女の子と出会う奇跡のようなラブ・ストーリー

 

英語の会話は聴き取りやすく、わかりやすいです。

 

おしゃれな雰囲気や、スタイリッシュな映像を楽しみながら観られます^^