読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

ボビー・フィッシャーを探して 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフと名言

スポンサーリンク

SEARCHING FOR BOBBY FISCHER

ボビー・フィッシャーを探して

 

タイトルのボビー・フィッシャーとは、実在する天才チェス・プレイヤーのこと。

彼の再来を思わせるような、天才的なチェスの才能を持った少年が主人公です。

 

チェスを通して様々な人々と関わり、成長していく少年の姿を、美しい映像で丹念に描いた感動ドラマ。

 

チェスのルールについて何も知らなくても面白く鑑賞できました。

チェスの試合のシーンでの巧みな心理戦は、張りつめた臨場感があり、迫力があってスリリングでした。

 

f:id:rabana:20150803154046j:plain

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)

 

ジョシュ(マックス・ポメランク)は7歳の少年。

彼はある日、通りがかりの公園でチェスをする大人たちに興味を持ちます。

 

ジョシュは彼らのチェスの試合を眺めているうちに、すばやくルールを飲みこみ、実際にプレイをして大人たちをどんどん負かしてしまいます。

 

息子にチェスの才能があることを知った父親は、ジョシュに本格的にチェスを学ばせようと、家庭教師をつけます。

そしてチェスの英才教育が始まります。

 

ジョシュはめきめき才能を伸ばしていき、キッズのチェス大会でことごとく優勝します。

 

有頂天になる父親。

父親は友人との遊びよりも学校の勉強よりも、何よりもジョシュにチェスをさせることを優先させるようになります。

 

ジョシュはそんな父の期待に応えようとがんばりますが、しだいに彼の心はそのプレッシャーに押しつぶされそうになっていきます…

 

 

英語のセリフ、名言

 

常に勝ち続けることを父親に期待され、そのプレッシャーに負けることを恐れるようになり、不安を感じるジョシュ。

彼は父親に弱音を吐きます。ジョシュのセリフです。

 

f:id:rabana:20150729164547p:plain

 top-ranked player                    トップのプレイヤー

 

f:id:rabana:20150729165033p:plain

f:id:rabana:20150729165313p:plain

「お前は負けるわけがないさ」と自信満々で言う父親に対し、

「たぶん一番じゃない方がいいんだ。そうしたら負けてもいいんだ」

と小さく呟くジョシュがかわいそうで、哀れみを誘われます。

 

ジョシュはその後、初めて大会で負けてしまいます。

父親は息子が負けたことにショックを受けます。

父親はこの事実に憤りますが、「スランプなんだ。立ち直るよ」と奥さんに言います。

彼のセリフです。

 

f:id:rabana:20150729170026p:plain

slump                                スランプ

 

be afraid to~      ~することを恐れる

 

It happens.

そういうことは起こるものだ、大したことではない、といったニュアンスで言っているのですね。

 

そんな夫に対して、奥さんは鋭く言い返します。

 

f:id:rabana:20150729171048p:plain

disapprove of~                ~に不満である

 

decent                  礼儀正しい、寛大な

 

 

この母親のセリフには胸が熱くなりました。

 

「あの子は負けることを恐れているんじゃないわ。あなたの愛情を失うことを恐れているのよ」

 

本当にその通りだと思います。

 

ジョシュはチェスをするのが好きなだけで、誰かを打ち負かしたいとは思っていません。勝ち負けにはこだわっていない。

 

試合の最中に、ジョシュが対戦相手に見せる思いやりや親切に、彼の心の誠実さが表れています。

 

彼が試合に勝ちたいのは、とにかく父親に喜んで欲しいからなのでした。

 

父親は本来は息子思いの、気のいい人物なのですが、ジョシュのチェスの才能に夢中になってしまい、彼の心を見失ってしまっていたのですね。

父親はそのことに気がつき、反省します。

 

この物語は家族の絆の物語でもあり、ジョシュの心の成長のドラマでもあります。

ジョシュは父親や家庭教師のブルース(ベン・キングスレー)に振り回されながらも、自分をしっかりと持ち、自分なりのチェスの美学、道徳観を見つけていく。

その姿に感動しました。

ジョシュ役の少年の、深く澄んだ無垢な目が美しい。

 

ラストの試合のシーンでは、それぞれの思いを抱えた少年同士の息づまるスリリングな戦いに、胸がどきどきして目が離せませんでした。

 

光の柔らかな温かみのある映像も印象的でした。