読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

ラースと、その彼女 映画の英語の名言とセリフ、ネタバレあらすじ、感想

スポンサーリンク

ラースと、その彼女(2007年)

 

リアル・ドールと人間の男性との一風変わった恋愛映画です。

主役を演じたライアン・ゴズリングが素晴らしかったです。

 

f:id:rabana:20150613162407j:plain

 

 

映画「ラースと、その彼女」のあらすじ(ネタバレあり)

 

主人公・ラースは自分が生まれたときにお産が原因で母親を亡くしてしまい、父親もそれをきっかけに寡黙で自分のうちに閉じこもるようになってしまったため、十分な愛情を受けることが出来ないままに育った青年。

 

優しくて思いやりのある性格ながら、人との繋がりに恐れを抱き、肉体的に触れ合うと痛みを感じてしまうようになってしまいました。

 

最初、兄夫婦を初めとして周囲の人々はそのことを知らないで、ちょっと引っ込み思案なだけの青年と思っていたのですが、ある事件が起きてラースに関して見方が変わるようになります。

 

ある日、ラースは「彼女を紹介するよ」と言って、等身大の人形を連れてきたのでした…。

 

もちろん兄夫婦はびっくり仰天。

どうしたらいいのかわからずに、女医の先生のもとへラースと人形・ビアンカを連れて行きます。

 

そこで女医は彼らに説明します。そのセリフです。

 

 

映画の英語の名言・セリフ

 

f:id:rabana:20150613163042p:plain

 

appear        ~のようだ、~であるらしい

 

delusion      妄想

 

work out ~     ~を懸命にする

 

 

女医は人形・ビアンカはラースの心が必要としているから現れたのであり、それは彼にとって何らかのコミュニケーションをとろうとしている方法でもありうる、ということを言います。

そして兄夫婦に、ビアンカを受け入れ、調子を合わせてやっていくことを助言します。

 

初めは冗談じゃない、と気持ち悪がっていた兄夫婦も、他に方法を思いつかないので、しぶしぶ言うとおりにします。

 

ビアンカを本当の人間であるかのように扱い、世話をし、町の人々にも紹介します。

 

町の人々も事情を知り、戸惑いながらもビアンカを受け入れるようになります。

彼らは温かい視線でラースとビアンカを見守ります。

周囲の人々もラースと一緒に妄想を受け入れてしまう。それがこの映画のすごいところだと思いました。

 

町の人々がそうしたのは、本当にラースが皆に好かれているからなのですね。

 

みんながビアンカばかり大事にして構うので、すねたラースは

「僕のことなんて誰も気にかけてくれない」と不平を言います。

それを聞いた兄嫁のカリンは怒ります。彼女のセリフです。

 

f:id:rabana:20150807010539p:plain

 bend over backward to ~             懸命に~をする

 

don't you dare ~               絶対~しないで

 

 

カリンの真心のこもったセリフは、ラースの心を動かします。

 

ビアンカを通してラースは少しずつ人の輪の中に入っていけるようになります。

 

そして距離があった兄との心の絆もつながっていく。

 

ラースは兄のガスと

「大人になるとはどういうことなのか」について話をします。

そのときの兄弟の会話のセリフです。

 

f:id:rabana:20150615162150p:plain

 

opinion        意見

 

grow up      成長する、大人になる

 

even when~     ~の時でさえも

 

 

「痛みを伴うことだとしても、自分のためではなく、皆のために正しいことをするときに人は大人になる」

 

このガスの言葉は、ラースの心に染み込んだのだと思います。

 

最後にラースは、彼が何よりも愛しているビアンカという”魔法”を解く決心をします。

それが痛みを伴うことだとしても、彼は本当に現実で皆と生きていくためには、やらなければならないとわかっていたのじゃないでしょうか。

 

ラースは湖へ行き、ビアンカに最後の別れのキスをします。

人形とのキス・シーンなのに、とても美しくて哀しい場面…

 

孤独な心を抱えた青年が、恐れもがきながらも必死に人との繋がりを求め、ビアンカという存在を通して周囲の人々に受け入れられ繋がっていくまでを描いた、心に染み入る物語でした。