読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

リトル・ミス・サンシャイン  映画の英語の名言、セリフ、感想とレビュー

スポンサーリンク

LITTLE MISS SUNSHINE

リトル・ミス・サンシャイン

 

ちょっと風変わりで、おかしな家族・フーヴァー一家の物語。

 

変わり者揃いで、問題を抱えるこの家族が、9歳の娘のオリーヴのビューティー・コンテスト出場のために、一家でカリフォルニア目指して出発することになります。

 

その道中において起こる様々な事件を、協力して乗り切りながら、バラバラだった家族の思いが団結していく。

全体的にユーモラスで笑ってしまいますが、心に染みる名言や名セリフも多く、ほろりとさせられました。

 

 

f:id:rabana:20150806153358j:plain

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)

 

アメリカのアリゾナに住むフーヴァー一家。

父、リチャードは

 

「この世には二種類の人間がいる、勝ち組と負け組だよ」

 

f:id:rabana:20150802161559p:plain

 というのをモットーにしていて、ことあるごとに勝ち組・負け組論を持ち出します。

いかに勝ち組になるか、いかに成功するか、それが人生において一番大切なことだと考えているようです。

 

そんな父親にうんざりしてか、長男のドウェーンは全く喋らなくなってしまいました。

彼は誰とも口をきかずに、筆談でしか話をしません。

 

おじいちゃんはヘロイン中毒者で、それが原因で老人ホームを追い出されたため、家族と一緒に住んでいます。

 

さらに、伯父でゲイのフランクが、失恋して自殺未遂を起こし、この家族の厄介になることになります。

 

こんな感じでくせ者揃いの家族なのですが、母のシェリルは一家をまとめようとがんばっています。

 

そこへ、9歳の娘のオリーヴが美少女コンテストに出場することになり、一家はオンボロ車でカリフォルニアに向かうことに。

 彼らのロード・ムービーの珍道中が描かれています。

 

 

英語の名言、セリフ

 

彼らの旅の途中では様々な事件が起きます。

 

父・リチャードは事業を始めようとしていたのですが、その計画がだめになってしまいます。

自分があんなにも嫌っていた「負け組」になることで落ち込むリチャードに、おじいちゃんは「何はともあれ、わしはお前の挑戦を誇りに思うよ」と励まします。

そのセリフです。

 

 

f:id:rabana:20150802163723p:plain

on one's own            自分自身で、自分ひとりの力で

 

category                   カテゴリー、範疇

 

 

例え失敗したとしても、挑戦したこと自体がすごいことだし、ガッツのいることだ。

普段はおちゃらけてばかりのおじいちゃんなのですが、事業に失敗して落ち込んだ息子にかけたこの言葉は、名セリフだなあと思いました。

 

美少女コンテストに対して不安な気持ちになり、泣き出してしまうオリーヴ。

そのときにも、おじいちゃんが彼女をなぐさめます。

彼らの会話のセリフです。

 

f:id:rabana:20150802164543p:plain

パパがことあるごとに「負け組」説を持ち出すので、オリーヴは負けることが怖くなってしまったのですね。

 

大きな目に涙をためるオリーヴが健気でかわいそう。

 

それに対して、おじいちゃんがこう言います。

 

f:id:rabana:20150802165036p:plain

「本当の負け組っていうのは、負けるのを恐れて挑戦しない奴らのことだよ」

おじいちゃんの名言に胸が熱くなってしまいました。

本当にそうですね。

その後のオリーヴの笑顔にとても可愛らしく、心がほんわか。

 

しかしその後、おじいちゃんが旅の途中で急逝してしまうのです。

 

この悲しい大事件に、一家は旅を中断しかけますが、父・リチャードは

「おじいちゃんはオリーヴの美少女コンテストを見たがっていたんだ。一緒に連れて行こう」

と言います。

「あきらめるわけにはいかない」と言うリチャードのセリフです。

 

f:id:rabana:20150802165806p:plain

そこで一家はおじいちゃんの遺体を病院から盗み出し、車に隠してカリフォルニアへ運ぶことに…

 

悲しいような、おかしいような。

泣きたいような、笑いたいような場面でした。

 

一致団結した一家は、苦労の末にとうとうビューティーコンテストに間に合います。

 

しかしそのコンテストは、幼い少女たちが化粧をして美の勝ち負けを競い合う、どうにも不自然な大会でした。

そのいたたまれなさに大会を抜け出したドーウェンは、伯父と語り合いながらこう呟きます。

 

f:id:rabana:20150802170906p:plain

 勝ち負けにこだわる競争社会に、嫌悪感をもよおすドーウェンのセリフに共感。

 

その競争社会を象徴しているかのようなビューティコンテスト。

その大会に、家族みんなで乗り込み、結局ハチャメチャ騒ぎにしてしまいます。

家族みんなのオリーヴへの愛情が伝わってきて、笑いながらも胸がじんとしてしまいました。

 

故障した車を、みんなで押しながら、協力して乗り込んでいくラストシーンには涙が出てきました。

 変わり者揃いの、バラバラだった家族が団結し、ポンコツ車に乗り込んで前へ進んでいこうとする。爽やかで心が温まるラストでした。