読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の英語の名セリフ、名言集。おすすめ洋画のあらすじ

映画の英語の名セリフ、名言を紹介するブログです。洋画の印象的な名シーンや名場面の会話の英語の台詞とフレーズを解説しています。感動ドラマ、泣ける映画、恋愛映画、コメディ、名作映画のストーリーのあらすじ(ネタバレ)、評価や感想を書いています。英語の勉強も。

スポンサーリンク

キッズ・オールライト 映画のあらすじ(ネタバレ)、英語のセリフ、レビュー

スポンサーリンク

THE KIDS ARE ALL RIGHT(2010)

キッズ・オールライト

 

両親がレズビアンのカップルという家族を描いた映画です。

アネット・ベニングジュリアン・ムーアがカップルを自然に演じています。

 

f:id:rabana:20150709155812j:plain

 

 

映画のあらすじ(ネタバレあり)

 

ニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は中年のレズビアンのカップル。

彼らにはジョニ(ミア・ワシコウスカ)とレイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)という精子提供によって生まれた子ども達がいます。

 

両親がゲイといっても、あまり普通と変わらない家庭です。

仲のいい平穏な家庭でしたが、ジョニとレイザーは自分達の生物学上の父親に会いたいと思います。

そこで彼らは精子提供者=ドナーに会うことにします。

 

精子提供者のポール(マーク・ラファロ)は人当たりの良い好人物で、ジョニとポールは嬉しくなります。

 

ポールは40代ですがまだ独身で、気ままにガールフレンドと遊ぶ日々。

突然現れた自分の子ども達に戸惑いながらも、喜んで彼らを受け入れます。

 

それ以来、二人は時々ポールと会うようになります。

彼らにはそれまで母親が二人いて、父親がいなかったので、バイクに乗せてくれたり、バスケットボールをしたりと、普通の父親がやってくれそうなことを一緒にして喜びます。

 

 

英語のセリフ

 

18歳のジョニは、母親が過保護であることに不満を持ち、ポールに打ち明けます。

彼女とポールの会話のセリフです。

 

f:id:rabana:20150708155101p:plain

 

 drive ~ crazy              ~をイライラさせる

 

treat               扱う

 

by oneself                 自分自身で

 

you gotta make that happen by yourself

君自身でやらなければいけない。

 

 

高校を卒業し、大学へ入ろうとしているジョニ。

親離れして自立する転換期にある彼女に対し、

「何か違ったものを求めているなら、自分自身でやらなきゃ」

といかにも”父親”らしくアドバイスするポール。

 

一方、ニックはポールが子ども達に関わりを持つのに複雑な心境です。

 

パートナーのジュールスがポールのガーデニングをデザインすることになり、彼の家へ通うようになり、彼と親密になっていきます。

 

ニックはさらに危機感を強め、

「ポールに家族を奪われてしまいそうな気がする」

という不安を感じて、ジュールスにこう言います。

 

f:id:rabana:20150708155938p:plain

 

take  away                   取り上げる、奪い去る  

 

 

ジュールスは「そんなことないわ。思い過ごしよ」とニックに言いますが、

実はポールの家に通ううちに、ジュールスは彼と肉体関係を持ってしまったのでした。

 

そのことが家族中にばれてしまい、家庭は聞きに陥ります。

子ども達は良い人だと思っていたポールに裏切られたように感じて、ショックを受けます。

 

ポールの方は、ジュールスや子ども達に愛情を感じて、ジュールスに「僕と子ども達と一緒に新しい家庭を作ろう」と持ちかけます。

 

ジュールスはニックを愛していて、ポールの言うことは相手にしません。

彼女がニックを深く愛しているのに、なぜポールと関係を持ってしまったのか…。

彼女は結婚生活に、やや疲れを感じていて、そのはけ口にポールを求めてしまったのかもしれません。

 

家まで押しかけてきたポールを、ニックがこう言って追い返します。

彼女のセリフです。

 

f:id:rabana:20150708161234p:plain

突然現れて、温かい家庭と可愛い子ども達に魅力を感じて、家族の一員になろうとは、18年間子ども達を育てて家族を守ってきたニックにしてみれば、虫のよすぎる話ですよね。

 

そんなポールに対して

「そんなに家庭がほしいのなら、自分で作りなさい」

と毅然と言い放ったニックがかっこよかったです。

 

うるさい母親として普段はニックのことを疎んじているようでも、子ども達と彼女との間には強い絆があるのでした。

 

ポールの出現によって波風の立った家庭ですが、何とか最後にはうまく治まり、みんなで大学の寮にまでジョニを見送りにいきます。

ラストのミア・ワシコウスカの、家族との別れで涙をこらえている表情がすばらしい。

あの表情で、家族に対する彼女の抱いている愛情が強く伝わってきました。